貧血とは、血液の中に含まれている「ヘモグロビン」が減少している状態のことです。 このヘモグロビンが減少することによって、以下のような症状が起こります。 ・めまい ・動悸 ・息切れ ・疲れやすい ・頭痛 ・耳鳴り ・顔色が悪くなる ・立ちくらみ これらの症状が現われた場合、貧血の可能性が高いと思って良いでしょう。 では、何が原因で貧血が起きてしまうのでしょうか? まず、過度なダイエットを行うことによって、鉄や脂肪、糖質などが足りなくなって、貧血を起こす場合があります。 ダイエットをしていなくても、栄養バランスの悪い食生活を送っていると、貧血になってしまうことがあるでしょう。 それに、貧血は女性に多い病気の一つとして有名ですよね。 女性の場合は月経があるので、その際に出血量が多いと、貧血になる可能性が男性よりも高くなります。 貧血を予防するためには、栄養バランスの良い食事を心がけるのが一番重要です。 特にタンパク質と鉄分が不足してしまうと貧血になりやすいので、この2つの栄養素は意識して摂取するようにしましょう。